FC2ブログ

RENbear

RENbearの制作日記、SHOP情報など

同じではないけど続く人生

私は、お人形が次のお家へ行くことを、意外とポジティブに受け取っています。
少なくとも1、2年は可愛がっていただけたら嬉しいのですけれど。
勿論、ずっとお側に置いていただければ、こんなに嬉しいことはないのですが、今の荒波的な世の中、生活が変わったり、そうじゃなくても、お若いと色んなものに興味を持って趣味や好みも変わったりすると思うのですよね。

苦しくなったり悩んだりすることがあったら、次のお家を見つけてあげてくださったら嬉しいです。私のお客様は、優しい方が多いと思います。
私は、傷のある子をよく作りますが、何故かなあと思うのですけど、心の傷が具現化したものじゃないかなって思っています。その子を可愛がることで、傷を癒すみたいな気持ちになるのかも、と。なので、私の作品に反応してくださる方は、そういう傷を抱えた優しい人なんじゃないかと思うのです(勝手にそんな目で見るなよという方もいらっしゃるかもですが)

私も、あの時あの子を作らせていただき、ありがとうございます。という気持ちです。


関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。