RENbear

RENbearの制作日記、SHOP情報など

2018年個展 Fairy Tale in the darkness

ブログの存在をすっかり(以下自粛)
大阪、中崎町にあるギニョールさんの2Fでの個展開催中です(滝汗)
2018年4/5~15、春真っ盛りでございます。ちなみに春は体調が悪いということをすっかり忘れていたけど、なんとか頑張りました…

ギニョールさんはほんとに素敵なお店で、去年、ここで展示やりたいという軽い気持ちで決めちゃったんですけれど…というより、個展をやる動機がいつも「この場所素敵だから展示したい…」という気がします。私にとって、場所は重要なのです。お人形の技術はまだまだまだ…(エンドレス)なんですけれど、イメージ的なものは頑固なのかもです(汗)以前も書いたけれど、漫画家時代に初代担当さんが「漫画家になりたい、じゃなくて、表現したいものがあって、それを表現する手段が漫画だったっていうのがいい」と言われたのが20年以上前なんですけれど、今になって理解した感じです。人形好きとしての自分と、つくり手の自分の違いが、微妙に自分の中にある気がするのですが、ちょっと説明しにくい…。

それはさておき、今回は童話がモチーフです。去年の個展でも金糸雀さんたちには物語があったのですが、今回はそれほどはっきり作っていなくて、それぞれ妄想して頂けたらと思っていたのですが、解説リクエストがあったので、私の中のうっすらとした妄想を。童話は、漫画を描いてた時にも童話パロを同人誌で出したくらいには好きだったりします…

展示は5つの物語を作りました。
1、人魚姫~彼女への貢ぎ物
人魚姫と言うのは本当に報われないと思うのです。あんなに健気なのに悲劇的な結末。もし、彼女を見守る別の誰かがいたならば…というイメージで作りました。それとも、彼女の夢なのかも知れません。実際のお人形を見て頂くと思われるかも知れませんが、人の気配がないので。魔物と言うのは、美しくて残酷、ある意味純粋だというイメージが昔からあります。

2、白雪姫~A cat has nine lives
白雪姫が最後まで決まらなかったんですが、英文の通りです(爆)彼女はなかなか生命力溢れるお姫様。もう、猫なんじゃないかなという発想です(猫好きとしては複雑なんですけど)博識なお友達が個展の時に教えてくださったのですが、赤白黒って色々と意味があるそうです。今軽ググってみましたが、ちょっと色々深まりそう…好きな人は調べてみてください*
展示としては、アンティークの鏡フレームがあって、これを使ったら面白そうという。今回は体験型みたいな展示にしたかったのです。Twitterでも言ってたのですが、物語のページをめくるように…

3、荊姫~沈黙
荊姫は最初に作ろうと決めてたんですけど、100年も経てば荊も浸食するであろうという酷い発想です。個人的に永遠に憧れを持たないというか、朽ちてなお、それでも美しいというのがいいのよ…という(アンティークでもジャンク系が好きです…)彼女を起こしに来たのは蜥蜴の王子様というのも、異種婚のようで、今回の展示には合っているかと思います…

4、赤頭巾~マトリョーシカ
もうこれは、見て分かる通り発想は酷いんですけど(未見の方はタイトルから想像してください…)赤頭巾は狼との戦いに勝ったわけなのです(解説?)無意識なんですけど、昔描いてた漫画、女の子が主人公で描くとほぼ戦う美少女だった…(小声)
強い女の子はいい(解説?)童話の世界の受け身のお姫様へのアンチテーゼなのかも。自分で運命を勝ち取る赤頭巾ちゃん。素敵ね…

5.シンデレラ~偏愛
シンデレラはいないんですけど、王子様が持っているのは…。物語を乗せるとしたら。王子の頭上には鴉。自分の目と引き換えに、魔物と契約をしたのかも知れません。それほど手に入れたい女性ってどんな…もしかしたら究極の自己愛かもしれませんし、どちらにしろ人の世では許されざる愛なのだと思います。
発想の発端は「一晩踊っただけの女性を探すのに国民の血税を使うとは、かなりクレイジー王子なのでは」という、言って大丈夫かな的な夢の無い発想です(ごめんなさい…)

大丈夫かな…逆に夢壊れたらどうしよう…私の頭の中が酷いって言うのを解説したのでは…(おい)お話がそれぞれ一本描けるくらいには、童話と言うモチーフは魅力的です。

全て空想の世界でしか許されない物語です。ちゃんと迷わずに出てこられましたか?
出て来られないと、物語の最後の「0」の女の子のように、別の世界へ旅だってしまうかも知れません。それは終わりでもあり、始まりの物語。


…というコンセプトの展示でございました。力不足は多々ありますが、現時点で出来ることはやれてよかったと思いつつ、これからも精進したいと思います。
まだの方は是非、ご覧頂きたいです。
この展示は本当に、ギニョールさんでしかできないので!最終日、私も行きたいと思っております。2018個展表Twitter用



関連記事
スポンサーサイト