RENbear

RENbearの制作日記、SHOP情報など

2017年、お知らせ

明けましておめでとうございます(今頃)

Twitterで報告しましたが、本日で匣ノ匣さまから、一旦引き上げます。
どうしようかすごく悩みました。
頑張れば、アクセサリーやリースなどの小物もまだ作れると思うのです。しかし、これは自分の我儘なのですが、これから球体関節を本格的に勉強したい、お人形作りに没頭したい、そうすると、まだちょっと今は定期的にお世話になるのが難しい状況です。
マイペースにいけたらいいのですが、私の性格上、一点集中型、色んな事に気を回せないのが辛いのです。

匣さんにお世話になったのは、吉祥寺の1階の店舗の時からです。
多分、その頃の私はまだ、精神系のお薬にお世話になっていて(そのころにはもう、安定剤と胃薬くらいだったと思うんですけど)ほぼ引きこもり(それは今もそうじゃん)だったと思うのですけど、ネットでお人形に良さそうなものを見つけ(今思うと、この時も始まりはお人形だったのです)どうやら検索してみると、吉祥寺に匣ノ匣さんというお店があるらしい、そして震えながらお伺いしたのです。そしたらもう、お店には好きな感じのものが沢山あり…むしろ好きなものしかないのですけど?!(震)しかし、そこから出店希望するとか、自分でも怖いもの知らず過ぎです。

ハンドメイドはすでに始めていたものの、作風も大体こういこうと決めたばかり、お店の方にタグの大切さを教わったり、他に出店してらっしゃる作家様たちの作品や匣を拝見し、手に取るもの全てが作家の世界観を現さなければ…そんな気持ちになって、今の作風になりました。自分でもブレないなと思うのですけど(爆)それは匣ノ匣さんのおかげです。
そしてそれだけじゃなくて、Twitterで匣さんがツイートしてくださると増えるフォロワーさん(震え)自力では無理ですから!こわい!ありがとうございます!
そんな感じでここまできました。

匣ノ匣さんは、現在は阿佐ヶ谷にありますが、かわらずに大好きなお店です。お店の入り口は、これから宝物捜しに入るような気分にさせてくれます。入るときにわくわくするお店って、すごいと思うのですよね。吉祥寺はもう、平日でもスタバに入れないほどの観光地で、私のようなのんびり者には厳しいのですが、阿佐ヶ谷という土地もとても良い雰囲気です。

というわけで、自分でも、好きなんだからやめなくてもいいじゃんって気分にもなるのですけど、とりあえずここで一区切りしてみます。気持ちに余裕が出来たら、またお店の審査を受けに行こうと思います!今までありがとうございました。



関連記事
スポンサーサイト