RENbear

RENbearの制作日記、SHOP情報など

2016年12月の記事

2016年もお世話になりました

振り返らなさすぎと自分でも思うのですが(おい)
去年と今年は色々な変化があって、ちゃんと書いておこうと思います。
今年は沢山お人形を作らせて頂いて、本当にありがとうございました。
私の力ではないのです。皆様のお陰なのです。

去年はお仕事の方で、社会的な結果は出せなかったけど、20年かけて(なっげ)やっと苦手を克服することができた気がして、満足してようやく今年、お人形の世界にどっぷり浸かりました。
お人形は仕事を始めた20年前からの趣味ですので、こうした日々は、他のことがどんなに厳しい状況でも幸せだと思います。

初めての個展は、なんだか勢いでやっちゃいましたけども(汗)とりあえず実物を見てからお迎えして欲しくて…だって高いもの!(泣)という気持ちで(滝汗)
そして初日、お迎えしてくださった方がほぼ全員通販ご利用の方で(爆)発送先を書いていただくときに、あ!この方が!って感じで、ものすごくものすごく…感動でした。例えるなら、ずっと文通(古)してた方に実際会う感じですよ!(この例え合ってるのかな…)

私はお客様や、作品を見てくださる方、気にしてくださる方に支えられていると、本当に思います。
球体関節人形を習い始めたのも、初めて女の子を作った時に、欲しいと言ってくださる方がいたからです。技術は、私にとって大事なものです。山羊座だし。中川多理先生のワークショップに参加した影響も、ものすごくあります。1日だけのお教室なのに、カルチャーショックってくらい沢山の知識をいただきました。

というわけで、ピグマリオンに通い始めたのも今年の事件です(私的に)実は、ピグマリオンに最初に通いたいと思ったのは12年前。きっかけはこちらの本です。懐かしい。

FullSizeRender (3)
球体関節人形の世界を知ったのは、20年前くらい。当時気になっていた漫画家さんが天野可淡さんを好きで、どんな人なのだろうと知りたくて、渋谷のパルコで写真集を見て衝撃を受け、しかしすぐ球体関節人形にハマったかというと、キットを買って作ってみて無理だな!と思ったり、でも繰り返したり。諦め早いんだかしつこいんだか。
とりあえず雑食コレクターでもあったので、趣味はお人形ですという感じでした…。そんときの私はバブリーだった(時代的に)それから病気になって10年近く潰したけどもー(どうでもよい)
話が逸れましたが、当時死ぬほど忙しかった私は、この本でピグマリオンを知って、通ってる方のブログを拝見して、いいなーいいなーって、マッチ売りの少女並みに憧れてたのです。夢のようなものです。

でもまさか、この本に会って12年後に通うことになるとは、自分でもびっくりです。
飽きっぽい自覚はあるのですが、意外に諦めわるくない?!しつこくない?!という。仕事も20年続いたけど、やはり内情は飽きっぽいので、何かもう、なんも変わってねえな…と呆れます。憧れてたわりに超マイペースですけど(汗)来年2月からは真面目にやります(具体的)

そんなわけで、来年もお人形に私を捧げますので、暖かく見守って頂けると嬉しいです。

2016 大晦日


スポンサーサイト