RENbear

RENbearの制作日記、SHOP情報など

カテゴリー "未分類" の記事

お人形のお取り扱いについて

RENbearのお人形のお取り扱いとメンテナンスについて 

【フェスタイプ、クロスボディのお人形】
当方のドールのほとんどは、石粉粘土(創作人形によく使われる粘土です)とモヘア等を使っております。
粘土の部分はコーティングしてありますが、ひどく濡れたり、強くこすったり、ぶつけたりすると、塗装が剥がれたりへこんだりすることがあります。持ち運びの際は、クッション性のある柔らかなものにお包みください。
もし傷ついた場合には、ご連絡頂ければ修理しますので、お気軽にお問い合わせください。モヘアの部分等は、テディベアの技法を使っております。ハードボードジョイント又は糸ジョイントです。お子様にはお取り扱いが難しいこともありますので、ご注意ください。 

【球体関節人形について】

・球体関節のゴムは、動かさなくても劣化して伸びます。その時はお取替えしますので、メールで一度お知らせ頂けると嬉しいです。
・粘土の子が初めての方も多いかもしれません。キャスト製のお人形よりは壊れやすいので、お取り扱いの質問もお気軽にいただければと思います。
・当方の人形にのみ言えば(裏技的に)汚れは消しゴムで消えたりします(綺麗な面を使ってください)他の作家様のお人形や、メーカーのドールは分からないのでご注意ください。
・ご自身で手を加えた場合、不注意による事故の修復は有料になりますので、どうぞよろしくお願い致します。天災等、不慮の事故に関しては、なるべくご希望に沿いたいと思います。小さなことでも構いませんので、お問い合わせください。

【キャスト製のお人形について】

・キャスト製の子に関しては、接触が多いと塗料が剥げることも多いです。その時はお知らせ頂ければ直します。
・落下したら分解しちゃった!というときも、ご連絡頂ければ直します。
----------------------------------------------------------------------------
ずっと可愛がって頂けると嬉しいので、何か困ったことがありましたら、お気軽にご相談ください。 全てのお人形にはメンテナンス代が含まれております(ご自身で手を加えられた以外)
-----------------------------------------------------------------------------

最新の情報はTwitterが一番早いと思いますので、チェックして頂けると嬉しいです。
メールでのお問い合わせは kanade_cat☆nifty.comまで(☆を@に変えてください)お願いします。TwitterのDMもご利用可能です。
スポンサーサイト

アクセサリーの修理について

アクセサリーの修理について

購入後1か月は無償で修理致します。
(同じものは作れませんので、交換ができないのです)
その後の破損等は、送料はお客様ご負担でお願い致します。
補償期間は1年とさせて頂きますが、お問い合わせ頂ければ対応させて頂きます。

※現在、アクセサリー制作はほぼ休業中ですので、代替品をお送りするなどの対応をしています。

他にもご質問等ございましたら、kanade_cat☆nifty.comまたはTwitter@momotoknifeまでお問い合わせください。

お人形のお問い合わせ

現在、Twitterの情報が一番多いです。
次がインスタグラムです。
お家の決まっていない場合、お譲り出来ることもありますが、条件はオーダーや通販と同じになります。お問い合わせいただければお返事させて頂きますので、以下をご一読いただき、どうぞよろしくお願い致します。

*御希望の子のお取り置きはご遠慮ください。お迎え決定後、お支払いは3営業日以内でお願いします。銀行振り込みまたは、カード決済可能です(VISA、MASTER)
(お取り置きはできませんが、別のお迎え希望の方が現れましたら、一度ご相談させて頂きます)
*お問い合わせの際は、お名前とご住所をお知らせください。
*TwitterのDMからのお問い合わせが一番早いですが、決定後はメールでのやりとりになります。どうぞよろしくお願い致します。

同じではないけど続く人生

私は、お人形が次のお家へ行くことを、意外とポジティブに受け取っています。
少なくとも1、2年は可愛がっていただけたら嬉しいのですけれど。
勿論、ずっとお側に置いていただければ、こんなに嬉しいことはないのですが、今の荒波的な世の中、生活が変わったり、そうじゃなくても、お若いと色んなものに興味を持って趣味や好みも変わったりすると思うのですよね。

苦しくなったり悩んだりすることがあったら、次のお家を見つけてあげてくださったら嬉しいです。私のお客様は、優しい方が多いと思います。
私は、傷のある子をよく作りますが、何故かなあと思うのですけど、心の傷が具現化したものじゃないかなって思っています。その子を可愛がることで、傷を癒すみたいな気持ちになるのかも、と。なので、私の作品に反応してくださる方は、そういう傷を抱えた優しい人なんじゃないかと思うのです(勝手にそんな目で見るなよという方もいらっしゃるかもですが)

私も、あの時あの子を作らせていただき、ありがとうございます。という気持ちです。


徒然。

私は、すごいアイデア(自分的に)が出たときに泣きます(笑)
漫画の時もそうだったのですけど。
この理由は簡単で、作品は自分の子供だからだと思うのです。
でも、毎回泣いてるわけじゃありません。
泣かないでも作れた、その作品は、私の息吹です。
わたしにとって創作は、眠ること、食べること、息をすることと同じように、ものすごく当たり前のことです。変な話、私はずっと絵を描いてきたけど、美術部や漫研に入ったことがないのです(汗)今思うと不思議なのですが、あまりに当たり前すぎて意識できなかったのかも知れません。

私の友人で主婦さんがいます。ものすごく尊敬しています。でも、彼女自身は創作活動をぐいぐいとできない自分をマイナスにとらえているようでした。私から見ると、すごくクリエイティブなのです。生活を工夫し、良い住まいにしようという気持ちはとてもクリエイティブです。

私の方もまた、自分が、生活の役には立たないものを作っているという気持ちは時々生まれます。自分にとって息をしていることと同じなので、時々で申し訳ないのですけども。
でも、楽しんでもらったり、喜んでもらったり、少しでも日々の気持ちの糧になることを、お客様や作品を見てくださる方から教えて頂くと、作っていてもいいのかなと、赦された気持ちになります。
人生で、生まれてきて良かったと思ったことは一度もないけれど、死んでいたような昔の日々を思えば、生きていて良かったという気持ちは、皆さまから頂いた気持ちだで。ただただ感謝の気持ちを忘れないようにしたい。

徒然。

あんまりブログを見てる人はいないのではと思いつつも、ご報告も兼ねて。

ギニョール様での個展も終わり、落ち着いてきました。
緊張のせいか不眠症&メンタル不調になり(元々ショートスリーパー気味&メンタル弱めなんですが)それでも生活ペースは取り戻しつつあるような…。
発達障害的なところがあって(過去の自分を振り返り&その他。汗)過活動、ひとつのことしかできない、日常のコミュニケーションが苦手、等々あって、ちょっとそのことに振り回され気味な最近でした。でも薬だけは飲みたくないのなら(過去のトラウマなんですけど)なんとかコントロールしていくしかないよな…で、落ち着いたのかも。

次は11月、高円寺LECURIO様での個展になります。内容は考えてあるので作るだけなんですけど、その作るっていうのにものすごく時間がかかるわけで、楽しそうという気持ちだけでやると大変な目に合うわよ…という心の声を聞きつつも、生まれるお人形たちのことを想像しています。

今日は、曳舟の新しい素敵なギャラリー、hydrangeaさんでの個展の打ち合わせをしてきました。ちょうど一年後、来年の5月になります。頭の中では内容が決まりつつあっても、今の私が考える以上の展示にしたいなあと思っています。それは、今やっていることは何年か前に私が考えた内容を実行しているだけなのですが(言い方が山羊座)この辺りからちょっと未知数。これからまたさらに勉強すると、もう少し世界が広げられる気がしています。ギャラリーもすごく新しい素敵な雰囲気なので、頑張りたいです。

技術と言うものは一朝一夕では得られなくて、時々、もっと昔からお人形を勉強できてたらなあと思うのですが、時間は戻せないので、自分が持っているものを使いつつ、勉強して、できることを増やしていきたい…。できることが増えていくのは嬉しいです(前にも言ってた気がするw)でも忙しさでままならないこともある。落ち着きつつある今、やること見えてきたね!(はい勉強)という感じです…多分来月辺りから…今月はもう少し、アウトプットしていきます。みんな早く出たいって言ってるわ…。
オーダーのお客様、お待たせして申し訳ないです(汗)生まれつつあるので、待っててくださいませ。

5月のオーダー受付 モチーフオーダー

RENbearの好きなモチーフと、貴女の好きなモチーフが一緒ならばOK!みたいなノリで、蝶、髑髏、蜥蜴、等々、ご予算と共に指定して頂き、ほぼお任せでお人形を作らせて頂きます。
そんなにオーダーが来るわけじゃないので、ゆる~く受け付け致します。
オーダーの記事も合わせてご覧くださいませ。
何ができるか分からない…そんな博打のような企画に乗っかれるかー!という方は、普通にオーダーくださって構いません。世界観を気に入ってくださる方限定になってしまうのですけども、狭い範囲で柔軟性があるようなないような私です(どっちだよ)
そして安くはないので(ごめんなさい…)完成時期などもご希望があればお聞かせくださいね。

件名はオーダー希望、本文にお名前、希望のモチーフ、ご予算等お知らせ頂き
5/1に日付けが変わりましたら、kanade_cat☆nifty.com(星を@に変えてください)
までメールをお送りください。

どうぞよろしくお願い致します。

補足*世界観うるさいですが(笑)音楽に例えるなら、アルバム好き派?みたいな感じだと思っています。この曲は好きなんだけど他はそうでもないかも…というのは、作品が好きなのだなという感覚です。これはこれでとても有難いと思っておりますので、通販をお待ち頂けると嬉しいです。




2018年個展 Fairy Tale in the darkness ありがとうございました

もう個展が終わって2週間くらい経ってしまうのですけど(汗)
個展にお越しいただき&気にかけてくださり、本当にありがとうございました!
個展の2週間くらい前から不眠が復活して、緊張していたのだと思うのですけど、現在もそんな感じなのは星の配置が重いからかな~と思いつつも落ち着いてきてるので、やっと個展の様子をお届けしさせて頂きます。

まずは個展のメニュー。こちらをお持ちいただき…

menu_web.jpg 
小っちゃい子たちのガラスケース。
k_27.jpg k_26.jpg 
まずは人魚姫。天青石と白い貝殻の海…王子様の首をもって、海に還ることが出来ました(?)
k_29.jpg

次は白雪姫。吊るしたアンティークの鏡の枠から覗いたところ…

k_12.jpg
k_25 - コピー

眠り姫。王子さまは蜥蜴…?

t_07.jpg

お借りしたものがものすごくいい仕事してます…

k_10.jpg 

赤頭巾コーナーはシンプルに。でも、お人形的にはこの子が一番人気だったようです(汗)

k_22.jpg 

王子様と鴉。

kr_08.jpg
 k_02.jpg


k_20.jpg 

物語の中へ消えた少女…

k_30.jpg

中央にはハーメルン君がいました。DMの子です。これは夜っぽい。憧れの木馬…!

k_09.jpg 


遠方で在廊が難しく、初日しかいられず申し訳なかったのですが、Twitterで色んな方に素敵な写真を撮って頂き、拝見することができて嬉しかったです。本当にありがとうございました!
ギニョール様とお客様のお陰で、大変だったけど、望んでいた以上の展示が出来ました。体験型のような展示を目指したので、楽しんでいただけたなら幸いです。本当に本当にありがとうございました!

次は11月に東京で個展です。頑張ります。




2018年個展 Fairy Tale in the darkness

ブログの存在をすっかり(以下自粛)
大阪、中崎町にあるギニョールさんの2Fでの個展開催中です(滝汗)
2018年4/5~15、春真っ盛りでございます。ちなみに春は体調が悪いということをすっかり忘れていたけど、なんとか頑張りました…

ギニョールさんはほんとに素敵なお店で、去年、ここで展示やりたいという軽い気持ちで決めちゃったんですけれど…というより、個展をやる動機がいつも「この場所素敵だから展示したい…」という気がします。私にとって、場所は重要なのです。お人形の技術はまだまだまだ…(エンドレス)なんですけれど、イメージ的なものは頑固なのかもです(汗)以前も書いたけれど、漫画家時代に初代担当さんが「漫画家になりたい、じゃなくて、表現したいものがあって、それを表現する手段が漫画だったっていうのがいい」と言われたのが20年以上前なんですけれど、今になって理解した感じです。人形好きとしての自分と、つくり手の自分の違いが、微妙に自分の中にある気がするのですが、ちょっと説明しにくい…。

それはさておき、今回は童話がモチーフです。去年の個展でも金糸雀さんたちには物語があったのですが、今回はそれほどはっきり作っていなくて、それぞれ妄想して頂けたらと思っていたのですが、解説リクエストがあったので、私の中のうっすらとした妄想を。童話は、漫画を描いてた時にも童話パロを同人誌で出したくらいには好きだったりします…

展示は5つの物語を作りました。
1、人魚姫~彼女への貢ぎ物
人魚姫と言うのは本当に報われないと思うのです。あんなに健気なのに悲劇的な結末。もし、彼女を見守る別の誰かがいたならば…というイメージで作りました。それとも、彼女の夢なのかも知れません。実際のお人形を見て頂くと思われるかも知れませんが、人の気配がないので。魔物と言うのは、美しくて残酷、ある意味純粋だというイメージが昔からあります。

2、白雪姫~A cat has nine lives
白雪姫が最後まで決まらなかったんですが、英文の通りです(爆)彼女はなかなか生命力溢れるお姫様。もう、猫なんじゃないかなという発想です(猫好きとしては複雑なんですけど)博識なお友達が個展の時に教えてくださったのですが、赤白黒って色々と意味があるそうです。今軽ググってみましたが、ちょっと色々深まりそう…好きな人は調べてみてください*
展示としては、アンティークの鏡フレームがあって、これを使ったら面白そうという。今回は体験型みたいな展示にしたかったのです。Twitterでも言ってたのですが、物語のページをめくるように…

3、荊姫~沈黙
荊姫は最初に作ろうと決めてたんですけど、100年も経てば荊も浸食するであろうという酷い発想です。個人的に永遠に憧れを持たないというか、朽ちてなお、それでも美しいというのがいいのよ…という(アンティークでもジャンク系が好きです…)彼女を起こしに来たのは蜥蜴の王子様というのも、異種婚のようで、今回の展示には合っているかと思います…

4、赤頭巾~マトリョーシカ
もうこれは、見て分かる通り発想は酷いんですけど(未見の方はタイトルから想像してください…)赤頭巾は狼との戦いに勝ったわけなのです(解説?)無意識なんですけど、昔描いてた漫画、女の子が主人公で描くとほぼ戦う美少女だった…(小声)
強い女の子はいい(解説?)童話の世界の受け身のお姫様へのアンチテーゼなのかも。自分で運命を勝ち取る赤頭巾ちゃん。素敵ね…

5.シンデレラ~偏愛
シンデレラはいないんですけど、王子様が持っているのは…。物語を乗せるとしたら。王子の頭上には鴉。自分の目と引き換えに、魔物と契約をしたのかも知れません。それほど手に入れたい女性ってどんな…もしかしたら究極の自己愛かもしれませんし、どちらにしろ人の世では許されざる愛なのだと思います。
発想の発端は「一晩踊っただけの女性を探すのに国民の血税を使うとは、かなりクレイジー王子なのでは」という、言って大丈夫かな的な夢の無い発想です(ごめんなさい…)

大丈夫かな…逆に夢壊れたらどうしよう…私の頭の中が酷いって言うのを解説したのでは…(おい)お話がそれぞれ一本描けるくらいには、童話と言うモチーフは魅力的です。

全て空想の世界でしか許されない物語です。ちゃんと迷わずに出てこられましたか?
出て来られないと、物語の最後の「0」の女の子のように、別の世界へ旅だってしまうかも知れません。それは終わりでもあり、始まりの物語。


…というコンセプトの展示でございました。力不足は多々ありますが、現時点で出来ることはやれてよかったと思いつつ、これからも精進したいと思います。
まだの方は是非、ご覧頂きたいです。
この展示は本当に、ギニョールさんでしかできないので!最終日、私も行きたいと思っております。2018個展表Twitter用



金糸雀とフォトブック

個展でお披露目した双子の金糸雀に、お話を付けて小冊子にしてみました。
book001a.jpg book002b.jpg


会場でとりあえず沢山撮っておいた写真が、うまい具合にはまりました(おい)しかし、同人誌の作り方をすっかり忘れている…でも、こうやって物語にすると、またそれも楽しいことに気が付きました。王国滅びる系のお話が好きすぎる私です…(笑)昔描いてた漫画もこんな感じだったなー…と思いだします。k025.jpg

大きい球体関節は、ブログでゆるーくお家を募集することにしました。
私の理想は、骨董屋さんなのです。お店の片隅にずっといた子が、ふと現れたお客様にものすごく気にいられてお迎えされるという。現実はそうもいかないかもですが、そんな感じで大きい子はここに置いておきますので、お気軽にお問い合わせください(値段はお気軽ではないですが、カード決済ご利用可です)
 
金糸雀姉。お洋服はHSB様製です。昔ドールイベントで購入させて頂いた13少年用のものを使わせて頂きました。
k029.jpg 
ドール服ディーラー様のこういう素敵服を拝見すると、もうほんとに洋服作るの無理だよ!無理に決まってんだろ!( ;∀;)ってなりますね(定期ポスト)
tb001.jpg

弟ちゃんは鳥籠付きです。
ta002.jpg

次は小夜啼鳥の予定です。話は考えてあるので、作るのが楽しみです。とりあえず人形を作るところから(肝心)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。