RENbear

RENbearの制作日記、SHOP情報など

お人形のお取り扱いについて

RENbearのお人形のお取り扱いとメンテナンスについて 

当方のドールのほとんどは、石粉粘土(創作人形によく使われる粘土です)とモヘア等を使っております。
粘土の部分はコーティングしてありますが、ひどく濡れたり、強くこすったり、ぶつけたりすると、塗装が剥がれたりへこんだりすることがあります。持ち運びの際は、クッション性のある柔らかなものにお包みください。
もし傷ついた場合には、ご連絡頂ければ修理しますので、お気軽にお問い合わせください。モヘアの部分等は、テディベアの技法を使っております。ハードボードジョイント又は糸ジョイントです。お子様にはお取り扱いが難しいこともありますので、ご注意ください。 

球体関節のゴムは、動かさなくても劣化して伸びます。その時はお取替えしますので、メールで一度お知らせ頂けると嬉しいです。
キャスト製の子に関しては、接触が多いと塗料が剥げることも多いです。その時はお知らせ頂ければ直します。

粘土の子が初めての方も多いかもしれません。キャスト製のお人形よりは壊れやすいので、お取り扱いの質問もお気軽にいただければと思います。

ずっと可愛がって頂けると嬉しいので、何か困ったことがありましたら、お気軽にご相談ください。 全てのお人形にはメンテナンス代が含まれております。

最新の情報はTwitterが一番早いと思いますので、チェックして頂けると嬉しいです。
メールでのお問い合わせは kanade_cat☆nifty.comまで(☆を@に変えてください)お願いします。
スポンサーサイト

アクセサリーの修理について

アクセサリーの修理について

購入後1か月は無償で修理致します。
(同じものは作れませんので、交換ができないのです)
その後の破損等は、送料はお客様ご負担でお願い致します。
補償期間は1年とさせて頂きますが、お問い合わせ頂ければ対応させて頂きます。

※現在、アクセサリー制作はほぼ休業中ですので、代替品をお送りするなどの対応をしています。

他にもご質問等ございましたら、kanade_cat☆nifty.comまたはTwitter@momotoknifeまでお問い合わせください。

ドールと猫とアンティーク

私が15年以上昔に、漫画の仕事のプロフィールでよく書いていた“好きなもの”です。
まさか今、お人形を作っているとは、あの時の私がびっくりしてると思います(汗)
作ってる方のブログを羨ましく眺めてたり&作ってみて即挫折したりしてたもの(滝汗)
でも、諦めたら試合終了ってよく言うけど、ほんとですね…!(例えが体育会系)

それにしても、段々大きい子になってきて、値段付けが禿げ上がるほど辛いです…
オークションも考えたのですが、そこは山羊座…仕事の星も山羊座…(関係あるのか)
つくってるものに責任を持ちたい、ということで付けさせていただきました。
卒業して数年はデザイナー見習いでしたが(遠い昔)その後はずっと創作の仕事しかしていないので、その辺りは少し人より身についていることなのかもですが、お迎えしていただけることは嬉しい、ありがたいことでも、それだけではない気持ちがとても大きいです。
だいぶ迷ってきましたが、最近はもう、自分が積み重ねてきたことは信用する、と決めました。


明日から家の配管取り換え工事で、私の部屋が大打撃…
作業で使っているところを全部一度仕舞わないといけないので辛いです…というか大変。
乗り切れますように!



ペストマスクペンギン

一番いいねを多く頂いたペンギン…
私、ホロスコープで「心血注いだものよりも、こんなのできちゃったけどいいのかな~」っていうのが認められると言われたので、全然驚かないやい…「死後認められる例もあり☆」って言われたときは絶望したけれども(爆)いやいやいやいやいや先生!というわけで、何でもやることにしています
(下手な鉄砲的に)
あと「ピンポイント層に向けてエンタテインメントせよ」と言われたのがよく分からなかったのですが、お人形は趣味の世界ですから…そして、お客様もやはりリピーターさんが多いので、そうか…と思うとともに、改めて感謝しております。自分の好きなものを、同じように好きになって貰えるのは、本当に嬉しく、光栄なことです。

というわけで(前置き長い)ペストマスクをイメージしたペンギンです。
kyu_014a.jpg 
kyu_014b.jpg kyu_014d.jpg

大きさ14.5センチ程。首と腕は球体関節です。
目はガラスカボション埋め込み。ニュアンスを出すために粘土の素地に貼ってあります。白い月の様です。

作ってる途中は(もう、これどうなんだよ…表情とかないし…可愛いとかさらに分からない)って思ってたんですが、塗装したら結構可愛い…というか、他の子と並べてみると男前?!お嬢さんたちとのショットです。
kyu_s023.jpg kyu_s017.jpgkyu_s021.jpg

ピグマリオンで今、モデリングキャストを習っているのですけど、先生が「小さいもの、家で作ってみたら?(試しに)」と仰られたので、何作ろうかな~…と思っていたのですけど。このペンギンにしようかと思ったけど足どうなるの?!(分割線)となってフリーズしてます。でも、ペンギン欲しい方多かったらがんばる…(小学生?)

追記:と思ったんですが、目がカボション埋め込みなので無理かなあ…

灰色羊少女

クロスボディの羊の女の子です。43センチ程ある大きい子です。今までで一番大きいかも…?
kyu_015g.jpg 
女の子*クロスボディ、首が球体関節になっていますので、向きを変えられます。顔、胸から上、腕と足は石粉粘土、油彩とアクリル仕上げです。耳はジャーマンアルパカとミニチュアスエード。グラスアイは細かな銀のラメ入り。きらきらです。髪はゴールドとシルバーのミックス(接着済みです)
くたっとした作りですので立てません。抱き人形みたいな感じです。膝と肘にはステッチを入れて曲げられるようにしてあります。

お洋服*ダブルガーゼのワンピース(チェコビーズと糸ループ留め)、黒の綿ローンのドロワーズ、蝶々(アイロンプリント)のバッグと小瓶、ファーのマント(チェコビーズと糸ループ留め)小枝のネックレスっぽいのはお洋服に付けてあります。粘土ですので、ネックレスにすると接触がこわくて、縫い付けちゃいました(ちょっとなら全然平気ですけども)

kyu_015b.jpg kyu_015c.jpgkyu_015e.jpgkyu_015f.jpg

余談ですが、右向きの画像が多いのって、絵を描くときと同じなんですよね…(右利きなので)気を付けますっ(汗)

kyu_015d.jpg 

ペンギンと一緒に。
kyu_s014.jpg 
kyu_s015.jpg kyu_s022.jpg

吸血少女標本

kyu_013c.jpg
ヴァンパイア少女、箱、小物、椅子のセットになります(いすにかかっている大きなアンティークレースは入りません。箱の中の小さなもののみです)

ヴァンパイア少女*石粉粘土(首、腿、膝は球体関節)閉じ目、髪はモヘア貼り付け、油彩とアクリルで仕上げてあります。口枷のリボンは絹で柔らかいものです。結んだり解いたりで痛みますのでご注意ください(メンテナンス代も含まれますので着け直しも可能ですが、お取り扱いにご注意ください)粘土は繊細な作りになります。キャストドールのように丈夫ではないので、どちらかというと鑑賞向きです。33センチほどの大きさです。
小物*心臓と髑髏は固定です。欠損くまちゃん、単眼リンゴ、鳥かご等は動かせます。
額縁*アンティークのものにリボンをつけました。こちらはしっかり結べます。お人形を取り付ける際は、箱を寝かせて取り付けるとやりやすいです。お人形の手がぶつからないようにお気を付けください。
箱*ミルクペイントに塗料でゴールドの汚しをかけています。大きさ31.5×41センチ程です。結構大きいのでお気を付けください。

アンティーク素材を多用しております。箱の取っ手、額縁、プレート、レースはアンティークです。

※お迎えの方には、ペンギンのオーダーをお受けします(25000円)販売の子と全く同じにはできないのですが、宜しければオーダーください。出来上がりまで1か月ほどみていただけると嬉しいです。

kyu_013l.jpg kyu_013o.jpgkyu_013p.jpgkyu_013h.jpg

箱はこんな感じに。
kyu_013f.jpg kyu_013g.jpgkyu_013e.jpgkyu_013d.jpg

学生の頃、ジョセフ・コーネルが好きで、箱型のオブジェをよく作っていたのですが、今回、お人形やアンティークなどと合わせられて楽しかったです。世界観を閉じ込められるところが好きなのかもしれません。これからも箱入りちゃんたちを作っていきたいです。

secret nest 木箱入りのドール

secret nestちゃんたち 詳細です。
巣箱をイメージした箱、お布団、ドールのセットです。
木箱は立てかけられませんのでご注意ください。

石粉粘土、グラスアイ、鳥の羽根、油彩、アクリル仕上げ
首、足が球体関節です。
ヴィンテージのアルミプレートを付けています。
大きさは23センチ程です。

箱部分は木、蓋部分はカルトン、布(綿、リネン)、古い聖書等
目の細かい網を貼っています。刺繍タグを付けました。
お布団はダブルガーゼ(抗菌綿入り)です。
箱の大きさは32センチ程です。

市販のお人形のようにきれいな仕上げではありません。
繊細な作りですので、そっとお取り扱いください。


secret nest 001
kyu_012f.jpg kyu_012e.jpg kyu_012d.jpg kyu_012c.jpg kyu_012b.jpg kyu_012a.jpg 

secret nest 002
kyu_010i.jpg kyu_010j.jpg kyu_010e.jpgkyu_010d.jpgkyu_010c.jpgkyu_010b.jpg

secret nest 003
kyu_011g.jpg
kyu_011h.jpg  kyu_011i.jpgkyu_011d.jpgkyu_011c.jpgkyu_011b.jpgkyu_011a.jpg


フィギュア的なもの、追記

フィギュア的なものを作っていて一番悩むのが塗装でした。造形が拙いのも勿論なんですけど。
過去の遺産的に、エアブラシと動かすための一式、塗装ブースまで(モーターで動くやつ)あることにはある…(SDのメイクとかに使ってました)綺麗に塗る方がいいのか。でも、古い忘れられたものの感じは出したい…技術があれば、そんなに悩まないと思うのです。
特化した技術がないことは本当に負い目で、しかしこればかりは積み重ねるしかなく、積み重ねてきた方には尊敬の気持ちしかないのですが、それでも自分の道を進むしかないのです…時間は戻らないもの。
色々考えてたどり着いたのが、レジンキャストという素材なんだ、ということでした。個人的に、複製という特性に目が行きがちなんですど、そこはあまり考えないことにしました。


話は変わって(よく変わる)
私が漫画家デビューした20年以上前)一緒にデビューを目指してくれた(そういう時代)初代担当さんの名言。
「漫画家になりたいんじゃなくて、自分の表現したいことを表現するのに最適なもの(方法)が漫画だった、っていうのがいいんだよ」
今になってひしひしと感じます…20歳そこそこの生意気盛りの私は、何にも分かってなかったと思います。その頃の私は、少女漫画なのでキスシーン的なものを描かされるたびに(そんな時代)ベルサイユは今日も大変な人ですこと…!と言わされるマリーアントワネットくらいの気持ちで戦ってたので(ベルばらファンの皆様ごめんなさい)

話は戻って。
飽きっぽい私は、欲しいと言ってくださる方がいなければ作っていないと思いますし、この大きさで比較的丈夫な素材として使っていきたいと思っています。自分の表現したいことを表現できる有難い素材です(無理やり繋げた)
なので、このまま技術的なところを地道に積み重ねつつ、進んでいこうと思います…

飽きっぽいのは本当にコンプレックスですが、これもやはり自分であるので、とりあえず頻繁にスケッチは見返すようにしていますが、自分の性格に合ったやり方を見つけるのは、意外と大事なのかもです。苦しみは、意外とこういうものから生まれるんですよね…人に対しても自分に対しても、こうあるべきという気持ちが苦しくさせる、と書きながら思いました(変なとこ着地)

とりあえず書いてみよう

いつもお世話になっております(本当に)

時が経つのは本当に早く、自分の成長は思うより遅く、それでも何とか生きております…没頭すると他が見えなくて、大体の占いでも引きこもり傾向、独りの心地よさに依存するなと書いてあるものもあるくらい。なるほどそれも依存か…とちょっと反省してブログを書いてみます…20歳×2以上生きてると、人生も相当いろいろある(白目)ちょっと今年はメンタルの旅も多めな気がします。
そんな感じで、実は日記とか書いてみようと思ってやってみたけど、続かないこともストレスなんですよね^^(早々に挫折)…ブログは続きますように!
カレンダーに予定や進捗を書いたりするのは好きなんですけどなんでだろう(過ぎた日に×付けてく山羊座です)

気を取り直して。
最近作っているフィギュアっぽいものですが、実はお人形と同時にフィギュアにもハマった20年近く前(だと思う)好きな原型師さんのHPに足繁く通い、バブリー時代なので道具をそろえたけど挫折しました。そう…人形と同じルートです…いきなり始めたというものは何もないんです(挫折ありき)
ちなみに処女作(引っ越しでどっか行った)は、腰かけたポーズのセーラー服の少年天使でした。その時は石粉粘土でフルスクラッチ。

………うん…でも何かこう…頭の中身的には…

何も変わってねええええええええ!!!!!

もう、恥ずかしくなるくらい頭の中身というか発想が変わってなくてほんと恥ずかしい(2回言った)ポイントは、
・そこらへんにちょこっと置ける
・小さい(今と比べると2倍くらい大きいけど)
あとはもう、セーラーとか天使とか…ほんとうに大丈夫かな…

気を取り直して(2回目)
技術を身に着けるのは努力しかないと思っています。
ピグマリオンでは球体関節人形を教えて頂いて、果てしなさを感じているのですが、本当に地道に進むしかないと改めて思うと同時に、こういう時間を頂けるのも皆様のおかげと思って感謝する日々です。こう書くと薄っぺらい気もするんですが、自分の体験から感じていることです。
話は変わるので、また別の機会に。

2017年3月20日 ドールショウの販売について
RENbearのスペースは5あ-04になります。

まだ準備中なので、取り急ぎで申し訳ありません。

セミオーダーは、ココロメちゃん2体、ふらじるちゃん1体になります。
お顔と毛色を選んで頂きます。
細かいオーダーはお受けできませんので、ご了承ください。
完成は、お待たせして申し訳ないのですが、4月中とさせてください。

受け付けは、ドールショウ開始時間~14時までになります。
オーダー用紙にご記入いただきますので、お声がけください。
※決まり次第終了になりますので、早めに終わることもございます。

完成品を各一体、見本に置いておきます。
完成品もお迎え可能です。お迎えの方は、2時以降にお迎えに来ていただくか(販売は11時からです)後日発送になります。(ふらじるちゃんのおくるみが作れそうにないので、後日発送します)
このふたつは、後日再販もあります。

他、販売は、通常サイズのふらじるちゃん1体、
ちっちゃな少年首になります。
猫耳女の子もお譲り出来ますが、完成&メンテナンスにお時間を頂きたかったりするので、
(指は折れやすいので、違うものに変えようか考え中です)
こちらはご相談ください。

ちょっと早めに撤収予定です。いつも申し訳ないです…
それでは、どうぞよろしくお願いいたします!