RENbear

RENbearの制作日記、SHOP情報など

お人形のお取り扱いについて

RENbearのお人形のお取り扱いとメンテナンスについて 

【フェスタイプ、クロスボディのお人形】
当方のドールのほとんどは、石粉粘土(創作人形によく使われる粘土です)とモヘア等を使っております。
粘土の部分はコーティングしてありますが、ひどく濡れたり、強くこすったり、ぶつけたりすると、塗装が剥がれたりへこんだりすることがあります。持ち運びの際は、クッション性のある柔らかなものにお包みください。
もし傷ついた場合には、ご連絡頂ければ修理しますので、お気軽にお問い合わせください。モヘアの部分等は、テディベアの技法を使っております。ハードボードジョイント又は糸ジョイントです。お子様にはお取り扱いが難しいこともありますので、ご注意ください。 

【球体関節人形について】

・球体関節のゴムは、動かさなくても劣化して伸びます。その時はお取替えしますので、メールで一度お知らせ頂けると嬉しいです。
・粘土の子が初めての方も多いかもしれません。キャスト製のお人形よりは壊れやすいので、お取り扱いの質問もお気軽にいただければと思います。
・当方の人形にのみ言えば(裏技的に)汚れは消しゴムで消えたりします(綺麗な面を使ってください)他の作家様のお人形や、メーカーのドールは分からないのでご注意ください。

【キャスト製のお人形について】

・キャスト製の子に関しては、接触が多いと塗料が剥げることも多いです。その時はお知らせ頂ければ直します。
・落下したら分解しちゃった!というときも、ご連絡頂ければ直します。
----------------------------------------------------------------------------
ずっと可愛がって頂けると嬉しいので、何か困ったことがありましたら、お気軽にご相談ください。 全てのお人形にはメンテナンス代が含まれております。
-----------------------------------------------------------------------------

最新の情報はTwitterが一番早いと思いますので、チェックして頂けると嬉しいです。
メールでのお問い合わせは kanade_cat☆nifty.comまで(☆を@に変えてください)お願いします。
スポンサーサイト

アクセサリーの修理について

アクセサリーの修理について

購入後1か月は無償で修理致します。
(同じものは作れませんので、交換ができないのです)
その後の破損等は、送料はお客様ご負担でお願い致します。
補償期間は1年とさせて頂きますが、お問い合わせ頂ければ対応させて頂きます。

※現在、アクセサリー制作はほぼ休業中ですので、代替品をお送りするなどの対応をしています。

他にもご質問等ございましたら、kanade_cat☆nifty.comまたはTwitter@momotoknifeまでお問い合わせください。

お人形のオーダーについて

なまいきにも条件付きになってしまいますが、お人形のオーダーお受けします。

※オーダーストップ中です。再開までお待ちください(お問い合わせは可能です)

*RENBearの通販等で購入したことのある方、または実際に作品を見たことのある方(写真不可ですが、ご相談によりお受けすることもあります)
*細かいオーダーにはご対応できません
例:自分の考えた子を作って、という感じのご注文×
  性別、特徴(うさ耳の子とか、髪色等)、雰囲気(白ゴスor黒ゴス等)の指定○
  グラスアイor描き目等の指定○
*同じものは作れないので、過去作品は参考程度にお願いします。雰囲気等、お伝えいただくのは逆に分かりやすいので助かります。
*この作品が良い、というより、世界観を気にいってくださる方。好きなポイントなどお話しいただけると作りやすいです。基本的に私に丸投げしても大丈夫という勇気ある方。
*長時間かけて作ります。私が納得するまでいじります。気に入らないところがあれば時間を置いてみたりもするので、1か月~3か月くらいお待ち頂くこともあるかもです。大きさによっても違ったりします。お店への納品などで完成時期が前後する場合もあります。ぶっちゃけますと、他に何つくってても怒らずお待ち頂けるという神の如き包容力が必要かも知れないんですけど、私は私なりに精一杯頑張ります…
*完成後にお写真お送りいたします。お支払いは完成後1週間以内でお願いします。カード決済可能です(VISA、MASTER)キャンセルも可能です(その場合は他の方のところにお嫁に行ったりします)
*リテイクはできませんので、その場合はキャンセルしてください。生まれた子そのままを気に入って受け取ってくださる方。
*制作中は、Twitterなどで画像を公開することもあります。
*実際に見たいという方は、都内or近郊ならば出張できます(60センチくらいまでなら運べます)

お値段目安*クロスボディ2.5~4万程、小さめ球体関節人形5~6万円程、40センチ以上は7万円から。オブジェはご相談ください(大きさにもよるのですが1.5万円~)
大体通販と同じお値段ですが、ご予算仰っていただければ、その範囲でご提案します。

※2日以内にこちらからの返信がない時は、見落とし等考えられますので、Twitterなどからご連絡頂けると嬉しいです。

色々書いたのですが、全てはお話し合いで決まります*お気軽にご相談くださいませ。
kanade_cat☆nifty.com(☆を@に変えてください)

2018年個展 Fairy Tale in the darkness

ブログの存在をすっかり(以下自粛)
大阪、中崎町にあるギニョールさんの2Fでの個展開催中です(滝汗)
2018年4/5~15、春真っ盛りでございます。ちなみに春は体調が悪いということをすっかり忘れていたけど、なんとか頑張りました…

ギニョールさんはほんとに素敵なお店で、去年、ここで展示やりたいという軽い気持ちで決めちゃったんですけれど…というより、個展をやる動機がいつも「この場所素敵だから展示したい…」という気がします。私にとって、場所は重要なのです。お人形の技術はまだまだまだ…(エンドレス)なんですけれど、イメージ的なものは頑固なのかもです(汗)以前も書いたけれど、漫画家時代に初代担当さんが「漫画家になりたい、じゃなくて、表現したいものがあって、それを表現する手段が漫画だったっていうのがいい」と言われたのが20年以上前なんですけれど、今になって理解した感じです。人形好きとしての自分と、つくり手の自分の違いが、微妙に自分の中にある気がするのですが、ちょっと説明しにくい…。

それはさておき、今回は童話がモチーフです。去年の個展でも金糸雀さんたちには物語があったのですが、今回はそれほどはっきり作っていなくて、それぞれ妄想して頂けたらと思っていたのですが、解説リクエストがあったので、私の中のうっすらとした妄想を。童話は、漫画を描いてた時にも童話パロを同人誌で出したくらいには好きだったりします…

展示は5つの物語を作りました。
1、人魚姫~彼女への貢ぎ物
人魚姫と言うのは本当に報われないと思うのです。あんなに健気なのに悲劇的な結末。もし、彼女を見守る別の誰かがいたならば…というイメージで作りました。それとも、彼女の夢なのかも知れません。実際のお人形を見て頂くと思われるかも知れませんが、人の気配がないので。魔物と言うのは、美しくて残酷、ある意味純粋だというイメージが昔からあります。

2、白雪姫~A cat has nine lives
白雪姫が最後まで決まらなかったんですが、英文の通りです(爆)彼女はなかなか生命力溢れるお姫様。もう、猫なんじゃないかなという発想です(猫好きとしては複雑なんですけど)博識なお友達が個展の時に教えてくださったのですが、赤白黒って色々と意味があるそうです。今軽ググってみましたが、ちょっと色々深まりそう…好きな人は調べてみてください*
展示としては、アンティークの鏡フレームがあって、これを使ったら面白そうという。今回は体験型みたいな展示にしたかったのです。Twitterでも言ってたのですが、物語のページをめくるように…

3、荊姫~沈黙
荊姫は最初に作ろうと決めてたんですけど、100年も経てば荊も浸食するであろうという酷い発想です。個人的に永遠に憧れを持たないというか、朽ちてなお、それでも美しいというのがいいのよ…という(アンティークでもジャンク系が好きです…)彼女を起こしに来たのは蜥蜴の王子様というのも、異種婚のようで、今回の展示には合っているかと思います…

4、赤頭巾~マトリョーシカ
もうこれは、見て分かる通り発想は酷いんですけど(未見の方はタイトルから想像してください…)赤頭巾は狼との戦いに勝ったわけなのです(解説?)無意識なんですけど、昔描いてた漫画、女の子が主人公で描くとほぼ戦う美少女だった…(小声)
強い女の子はいい(解説?)童話の世界の受け身のお姫様へのアンチテーゼなのかも。自分で運命を勝ち取る赤頭巾ちゃん。素敵ね…

5.シンデレラ~偏愛
シンデレラはいないんですけど、王子様が持っているのは…。物語を乗せるとしたら。王子の頭上には鴉。自分の目と引き換えに、魔物と契約をしたのかも知れません。それほど手に入れたい女性ってどんな…もしかしたら究極の自己愛かもしれませんし、どちらにしろ人の世では許されざる愛なのだと思います。
発想の発端は「一晩踊っただけの女性を探すのに国民の血税を使うとは、かなりクレイジー王子なのでは」という、言って大丈夫かな的な夢の無い発想です(ごめんなさい…)

大丈夫かな…逆に夢壊れたらどうしよう…私の頭の中が酷いって言うのを解説したのでは…(おい)お話がそれぞれ一本描けるくらいには、童話と言うモチーフは魅力的です。

全て空想の世界でしか許されない物語です。ちゃんと迷わずに出てこられましたか?
出て来られないと、物語の最後の「0」の女の子のように、別の世界へ旅だってしまうかも知れません。それは終わりでもあり、始まりの物語。


…というコンセプトの展示でございました。力不足は多々ありますが、現時点で出来ることはやれてよかったと思いつつ、これからも精進したいと思います。
まだの方は是非、ご覧頂きたいです。
この展示は本当に、ギニョールさんでしかできないので!最終日、私も行きたいと思っております。2018個展表Twitter用



金糸雀とフォトブック

個展でお披露目した双子の金糸雀に、お話を付けて小冊子にしてみました。
book001a.jpg book002b.jpg


会場でとりあえず沢山撮っておいた写真が、うまい具合にはまりました(おい)しかし、同人誌の作り方をすっかり忘れている…でも、こうやって物語にすると、またそれも楽しいことに気が付きました。王国滅びる系のお話が好きすぎる私です…(笑)昔描いてた漫画もこんな感じだったなー…と思いだします。k025.jpg

大きい球体関節は、ブログでゆるーくお家を募集することにしました。
私の理想は、骨董屋さんなのです。お店の片隅にずっといた子が、ふと現れたお客様にものすごく気にいられてお迎えされるという。現実はそうもいかないかもですが、そんな感じで大きい子はここに置いておきますので、お気軽にお問い合わせください(値段はお気軽ではないですが、カード決済ご利用可です)
 
金糸雀姉。お洋服はHSB様製です。昔ドールイベントで購入させて頂いた13少年用のものを使わせて頂きました。
k029.jpg 
ドール服ディーラー様のこういう素敵服を拝見すると、もうほんとに洋服作るの無理だよ!無理に決まってんだろ!( ;∀;)ってなりますね(定期ポスト)
tb001.jpg

弟ちゃんは鳥籠付きです。
ta002.jpg

次は小夜啼鳥の予定です。話は考えてあるので、作るのが楽しみです。とりあえず人形を作るところから(肝心)

2017年個展 2

小っちゃい子達もところどころに。
k044.jpg 
お友達のリクエストで、教室で作った子も連れていきました。
今回、お嫁(お婿?)に行った子たちを連れて来てくださった方が多くて、嬉しかったです!
k043.jpg 

この子はDMの子です。
k042.jpg 

k041.jpg 
初代小鳥ちゃん。

こんな感じでした!
現在、フォトブック印刷中…そしてオーダー分、お洋服作りと、まだ私の方は終わっていなかったりしますが(汗)楽しい時間を、本当にありがとうございました!
来年は体力的にも家庭の事情的にも、こんなに長期をひとりでやるのはちょっと無理なのですが、ふたつ、個展を計画しております。どちらも大好きなお店で、今度はお店のご協力も戴くので、今回みたいなおうち的な感じ(日々、様子が変わるという。汗)許されねえ…と今から震えております…
とりあえず、大きい子は展示で!ほんと無理!(爆)しかし、全力で挑みたいと思いますので(意外と体育会系メンタル)楽しみにしていてくださると嬉しいです。

こうした機会は自分で作るわけですが、お客様や見守ってくださる方々がいて、無事終えることができるのです…本当に、ありがとうございます。引きこもり気味の私ですが、これからも見守って頂ければ嬉しいです。



2017年個展「荊の庭」自由帳ギャラリーにて

2017年10/22~27、自由帳ギャラリーでの個展、無事終わりました。あいにくの雨(というか台風)の中をお越しいただき、ありがとうございました!Twitterで気にかけてくださった皆様にも感謝致します。晴れた日って一日か二日くらいだったんじゃないかしら(汗)それでも、会いたかった
人や、雨のせいか長く遊んでくださる方が多くて、不思議と退屈しませんでした!本当にありがとうございます。
なかなか準備が行き届かなかったのは、本当に申し訳ないです。去年はぬいちゃんやクロスボディの子が多かったのですが、今年は頑張って球体関節っこ(毛のないひとたち←)を連れていきたく。今までのお客様は望んでらっしゃらないかもと悩みましたが、個展なので、自分の我儘させて頂きました…ごめんなさい。しかしもう、本当に時間がなかったです(泣)
制作中から、何回もこれは無理だと変更&自分の世界観との摺り合わせ。
最終的に好きな感じにまとめられたのでほっとしましたが、意図的なものではないので、自分の技術不足を痛感しました。来年はがんばる…(泣)

とりあえず、個展の様子など載せていきます。
k037.jpg 
雨で良いのは緑が映えること…
k038.jpg k039.jpg k035.jpg k040.jpg
こんな感じでギャラリー全体を使いました。
以下、新作ちゃんたち。
k047.jpg 
水彩風着色がマイブームです。
k033.jpg
ちっちゃいこはまた作ります。

k025.jpg
このコたちは60センチくらい。私の作った子では最大です(60センチだけど…)  


無形の財産

小さいころからお人形やぬいぐるみは好きだったのですが。
大人になってからお人形に触れて、20年以上になります。
ちゅうがく二年生の心を持ったアラフォーです(吐血)
20年近く、色んなお人形を見てきました。
創作人形、キャストドール、ブライスなども実は通った道です(他にも色々色々)
環境、価値観、いろんなものが変わっておかしくない年月です。
でも、バブルの時代?きゃっきゃうふふな記憶はゼロですけども(震え声)
沢山のお人形を見て、触れてこられたのは財産だなあと思います。
未熟者の身で恐縮ですが、骨董の目利きになるには場数を踏むのが一番、というのに似ているかも…。
そして、私の飽きっぽさはもしかして今の私にとって財産になっているのかもと思います。
好きなもの以外にも沢山のものに触れ、見る、知る、ということは、視野を広げる、選ぶことが出来る。若い時にひとつに絞らなかったことが(Gothic&ロリータの世界はずっと好きだったのですけど)意外と良かったのかも。最終的にこれしかない、ということに自信が持てる気がします。もちろんこれもいつかは揺らぐかもしれないのですけど。この世は流転であります…

そして現在、創作人形。先輩方の作品を拝見すると、私のやっていることなんてすでに誰かが通られた道なのではないかとよく思います。まだ全然、勉強が足りなくてもどかしいです。でも、勉強って一生な気もするので。これからまた、沢山のお人形を見ていきたい。そうして変わっていくこともまた、楽しんでいける強さを持てますように…

そんな今は、やりたいことがはっきりしている。先は見ていない。今を楽しめること。それはほんとうに有難く幸せなことだと思います。

羊と山羊と。

クロスボディの子です。
描き目でしゅっとした子ってどうなるんだろうと作ってみました。cb_001g.jpg
アンニュイな感じになりました。
大きさは35センチくらい。石粉粘土にアクリル、油彩仕上げです。
ワンピースは綿ローンで着せ替え可、ファーティペットはくるくる巻き毛タイプ、ドロワはダブルガーゼ、ポシェットはファーとダブルガーゼです。
まだまだ暑いですが、空気は秋めいてきたので、もふっと。
夏っぽいもの作ったことないけど、一応考えてる…の…(震え声)
cb_001i.jpg
羊君。伏し目がちで丸顔です。
cb_001e.jpg
山羊君は吊り目で垂れ眉です。 
やっぱり吊り目になるのね…cb_001c.jpg
cb_001h.jpg cb_001k.jpg
羊と山羊と…(供物系)cb_001j.jpg
「ぼくたちは、真理をさがす旅に出るんだ」

ペストマスクペンギン

オーダーいただいていたペストマスクペンギンです。
石粉粘土、首と腕に球体関節、目は瞳孔無しのお月さま仕様です。
今回はちょっと灰色強め。前回よりゴスな雰囲気が強いかも…

大きい子は17センチ、小さい子は14センチ程。
大きい子には編み上げのチョーカー、小さい子はスワロパールで糸ループ留めです。
kyu_020d.jpg 
kyu_020b.jpg kyu_020f.jpgkyu_020c.jpgkyu_020g.jpgkyu_020e.jpg